松尾さんはこう考えていた!「ホントは安い エコハウス」より

「ホントは安い エコハウス」
エコやパッシブハウスで話題の松尾 和也さんが書いた
最新の本を読みました!

IMG_1417.jpg


この松尾さんは、
私が色々と指導を受けている方の知り合いで、
私と手塚と荒川はセミナーを受けたこともある方なのです。


その様な方が、様々な経験と実体験を通して
満を持して出版をしたので楽しみに読ませていただきました。


その中でも、今まで噂と疑問があった3点について
書いてあったので、紹介します。


1、基礎断熱は床下断熱よりも暖かいのか?

寒冷地では基礎断熱が多いため、
基礎断熱は暖かい、と言う方がいらっしゃいます。
特に、基礎断熱を採用している住宅会社の人はそう言う様ですね。

しかし、研究者の話を聞くと、基礎断熱も床下断熱も
暖かさは変わらないと言います。

松尾さんは
「床断熱はそれ自体、特に悪いわけではありません」
と書いています。

悪いのは、床の気密処理をしていない会社が多いので、
それが問題なのだそうです。

暖かい空気は上に昇ので、
床の気密を良くしないと床から冷たい空気を吸ってしまうのですね。


2、断熱性能を高くすると、夏も涼しくなるのか?

松尾さんは、
「しばしば耳にするのは
 『冬の満足度は劇的に上がったが、夏の暑さがたまらない』
 と言う意見です。」
と書いています。

その原因として
「これは『完璧な日射遮蔽』が出来ていないから起こる現象といえます。」
とも書いています。

最近、屋根の出や庇のないお家が多いですよね。

あれでは、窓から夏の太陽熱がもろにお家の中に入ってきてしまいます。
それを防ぐ事が大切と、強く言っています。

ただし、この様にも書いています。
「暖かさを構成する要素は、日射取得5割、Q値(断熱性能)4割、気密1割」
と真逆の事を書いています。

冬には、太陽熱の利用が大切なのです。

ここが難しいところなのです。


3、床暖房は本当に良い物なのか?

松尾さんは、
「床暖房がいいのかと言うと、一概にそうは言い切れません。
 床暖房は広い面積に敷設するとイニシャルコストが非常に高価になり・・・」
と書いています。

床暖房は快適ですが、
確かにそれが入ったからと言っていいわけではないのですね。

せっかく断熱性能を高くしても、
工事費や暖房費が上がってしまっては意味がありません。

私の知り合いは、
前面に床暖房を入れたのですが
暑くなりすぎて使うのをヤメてしまったそうです。

上手に使う工夫が必要です。


ちなみに、松尾さんはエアコンを床下に吹き出させる方法を採用しています。
最近、マニアックな住宅会社で流行っている方法です。

ただこの方法には大きな問題もあります。
床下用のエアコンはまだ発売されていないので、
一般のエアコンを使うことになりますから、
トラブルに対しては自己責任になります。


読んでみて、実にしっくりとくる内容でした。
今まで学んできた事、経験してきた事に間違いは無さそうです。

ただし、この様な温熱環境につきましては、
どの方法が絶対に良いと言う程の結論は出ていません。
まだまだ研究途中だと思っていただいた方が良いと思います。


参考文献:
「ホントは安いエコハウス」
著者:松尾 和也
発行:日経BP社

「第3回 黒澤明作品 映画鑑賞会」開催しました!

「第3回 黒澤明作品 映画鑑賞会」
などと書くと大げさですが、
今年もスタッッフの皆んなと行ってきました!

私の好きな黒澤明監督の映画鑑賞会です。

一昨年は 「赤ひげ」
昨年は  「七人の侍」

今年は「 天国と地獄 」

です。

IMG_1416.jpg


「黒澤明」の名前や、作品名を知っている人は多いと思いますが、
実際に見たことがある方は少ないのではないでしょうか。

イメージ的に重いですよね。

そこで、無理やり私が皆んなを引っ張って見にいくのです。
皆んなの目的は、映画の後のランチかもしれませんが。


それでも、今年の「天国と地獄」はサスペンスタッチで
少しは楽しめたのではと思っています。


この作品自体、色々な伝説を持っていますので、
見るだけではなくて、逸話を知っても面白いんですよ。

ところが、
私が見るのは3〜4回目にもなるというのに
なぜかこの作品のストーリーって覚えていないんですね。
特に後半部分。
そのために何度見ても楽しめるということも有るのですが、
それだけ凝った作りにもなっているということなのでしょうか。


みんなは、この作品が作られた1962年頃の車を
カッコ良いと言ってしました。
確かに、今とは随分違うデザインでカッコ良いのです。
色々な見方があって良いですね。


私には、
「あ〜、だから私は黒澤明が好きなのか」
と思わせられたシーンがありました。

それは最初の頃です。

主人公の「権藤」は靴メーカーの役員で、
高度成長期に会社を大きくしてきた一人。

同じ会社の役員に囲まれて話をしています。

他の三人の役員は、
「今の靴は、デザインも冴えなくて、しっかりと作りすぎている
 もう少しヤワに作って売れる様にした方が良いのではないか?」
と話しています。

そして、試作した靴を「権藤」に見せるのです。

その靴を見て怒り出す「権藤」

「こんな壊れやすい靴なんて、売ってはいけない!」

多分、この考えは黒澤明の考えそのものだったのだろうと思います。


今では、世界的な名作と名高い「七人の侍」でさえ、
制作会社は予算の関係で黒澤明にかなりの事を言っています。

何よりもこの時代には「テレビ」が普及し始まっています。
それを見て、
「映画はもっと良いものを作らなくてはダメだ、」
と言いたかったのかもしれません。


これはお家づくりも一緒ですね。
デザインも、販売方法も住宅会社によって様々です。

本当に良い家とは何か?
をしっかりと考え提供していかなくてはいけないのだなと、
改めて考えさせられました。


さて、来年はどの作品を上映してくれるのでしょうか?
楽しみです。

運動会用に購入した「テーブル・チェアー」セットの椅子にヒビが!

秋の運動かも、賑やかに開催されていますね。

今年は子供達の長い年月の運動会期間の中でも
丁度中間頃かと思い、テーブルセットと、パラソルを購入しなおしました。

あと、6年は使いたいな〜と思いながら。

そのセットがこちらです。

IMG_1413.jpg


実際に運動会で使って見て、
丁度良いテーブルの大きさと、
テーブルがわりにも使える椅子がとても使いやすくて、
良かったな〜、と思っていたのです。

が、

片付けているときに、有る物を発見。

なんと、椅子の後ろ側にヒビが入っているのです。

それがこちらです。

IMG_1415.jpg


う〜ん、何が原因で割れたのか、
よくわかりません。

「割れちゃってるな〜」と思いながら
その時は片付けたのですが、
その後に、知り合いから声をかけられたのです。


「西村さんのテーブルセットの椅子、割れてなかった?」

ん?、どう言うことでしょう。


よくよく聞いてみると、その知り合いの椅子も割れていたと言うのです。

同じデーブルセットを同じく買ったばかり。
買ったお店も、金額も一緒。

「そんな簡単に割れるなんておかしいよね。」
と言う話になりました。


このまま、後6年も使えるとは思えなかったので、
購入した「ジョイフル本田」に電話をして見ました。

さすがに丁寧な対応で、
「お怪我はなかったですか?」
とか、色々聞いてもらいました。


そして、
「品物の返品をしたいのですが、」
 とお願いして見た所、
「わかりました。」
と言うことで、聞いてくれました。


それにしてもこのテーブルセット、
1日で200台も売れるヒット商品なのだそうです。
他にはこの様な声は上がっていないそうなのですが。

私の場合には、
たまたま知り合いが同じ様に割れたので気がつきましたが、
そのままの方もいらっしゃるかもしれませんね。


もし割れていたら、交換してくれると思いますので、
問い合わせをしてくださいね。

実力で這い上がっていく「ドリーム」

アメリカのNASAと言えば、泣く子も黙るあれです!

その歴史の一つを描いた映画が「ドリーム」

IMG_1404_20171006192809141.jpg


1960年代、まだまだ女性がNASAで技術者として働いしている人はおらず、
その上黒人が一緒の部屋で仕事をする事など考えられなかった
時代の映画です。


差別というよりも、
それらがあまりにも一般的なために起きていた事が描かれています。


例えば、
当時は黒人用と白人用でトイレが分けられていたのだそうです。
黒人の女性が、白人の事務所に抜擢されたのですが、
そこの近くには黒人用のトイレがありません。

そこで、黒人用のトイレまで800mを走る、走る。
雨が降っていても走る、走る。

今であればありえない話ですが、
この様な事に白人は疑問に思わずにいる状況なのです。


この映画では3人の女性が描かれていますが、
この3人の凄い、というか感心させられてた所は、
自分たちの待遇に愚痴も言わず、長く耐えて時期を待ったという事です。

そして、実力と行動力で、自分たちの地位を切り開いていきます。


ケビン・コスナーの役もカッコ良かったな。
あくまでも実力主義で、今までの事など考えない。
変わり者の様に言われているけれど、
誰よりも悩み、考えている、その様な男を演じていました。


最近は「ムーンライト」と言い、黒人系の映画が多いと思っていましたが、
あの作品とは全く違った描き方です。
正直、私は「ムーンライト」はダメでした。


中高生くらいの子供達にも、ぜひ見て欲しい作品ですね。


もう一つ、と言いますか、一番驚いた事は、
当時のロケットって、ほぼ手計算で飛んでいたんですね。
要するに、コンピューターを使わないと言う事です。
ビックリ!
数学の得意な人を集めての人海戦術だった様ですね。
今では考えられない凄さです。。。


ちなみに、観客の9割は女性でしたが、
男性も十分楽しめます。


残念だったのは、パンフレットが売り切れていた事。
まだ公開して10日目くらいだったと思うのですが。
見た後に読んで、理解を深めるのが好きな者としては、
寂しいです。
TOHOシネマ宇都宮では入荷未定だそうです。


ところで、タイトルの「ドリーム」には、
異論を持つ人が多い様ですね。
私もその一人です。
このタイトルに惑わされないで見に行ってくださいね!


本当に強い女性を描いた映画です。

オススメですよ!

何度も書いているのですが、大変な状況らしいですね。太陽光発電。

今までにも数回書いているのですが、
太陽光発電の現状です。

今日は驚いたことに、
下野新聞1紙で太陽光発電について2つの記事が書かれていました。

IMG_1399.jpg

IMG_14002.jpg


気持ちとしては「スーファミ」の記事も気になるのですが、
太陽光発電は、今まで国が力を入れて来ていた大事業で、
住宅業界にも大きな影響があるので、まず読みました。


昨日も、東京のあるセミナーに出て来たのですが、
「太陽光発電については国の動きが違って来ているような気がする」
と言う様な事を言っていました。

引っかかりますよね。
この言葉。

これから、ゼロエネルギーの時代と言っていて、
それを賄うのは太陽光発電しかない状況なのですが、
それがスタートする前にこの様な荒れた状況になってしまっている。


これからどうなるのか心配です。


飛び込みで来ている太陽光発電の会社も多いと聞いていました。

困った事にならなければいいのですが。


この様な記事を読むと、
太陽光発電は止めておいたほうがいい、
危険だ!
と思われるかもしれませんが、決して悪い事ではありません。

とても世の中に役に立つものです。

ただし、世の中のために役に立つ気持ちがないと、
実際に採用するのは難しい時代にはなって来ていると思います。
プロフィール

西村 寛

Author:西村 寛
妻、娘1人、息子1人の4人家族

エスホーム社長
一級建築士
宅地建物取引主任者
ローコスト住宅研究会
      栃木事務局

ご意見は、ブログ右下に有る「comment」をクリックしてお送り下さい。

カテゴリー
リンク
最近の記事
facebook
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter...A

Twitter < > Reload

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード QRコードを携帯で読み込むと、このブログが携帯でも読めます